消費税 引き上げ税収の半分、

国民に還元…首相発言

消費税増税に、

伴って増税前の日用品の、

買いだめは控えるべきで
あると思います。

何故かと言うと、
消費税還元セール制度が、
前回は、できませんでしたが

今回、
10%増税後はできるからです。

また高額な住宅商品は、
すでに増税前の戦いが
始まっておりますが、
今現在でも量産メーカーさんは、

最初から、
提示金額に、
大体3,000,000から
5,000,000上乗せをして置き、

貴方のためにとか、
9月は上期決算で特別にを、
うたい文句意に
値引きを行っております。

また東京オリンピック
開催後2020年以降は、
重要が落ち込みと言われて
おります。

土地には、
消費税はかかりませんが、

不動産案件などは、
2割3割の値引きが起こると思います。

今現在も、
ローコスト住宅がものすごい勢いで
販売されておりますが、

さらに、
2020年、東京オリンピックが終わった後は、
価格競争に拍車がかかると思います。

エコポイントも多分
始まると思います!!

消費税増税前に、

焦って必要のない
ムダなものまで買いだめする、
無駄な浪費は
さけましょう!。

以下は新聞の記事から引用です。

10/15(月) 17:26配信

読売新聞から

◆消費税率引き上げに関する安倍首相の発言(要旨)

 消費税率は法律で定められた通り、

2019年10月1日に

現行の8%から10%に
引き上げる予定だ。
全世代型社会保障制度へと転換し、

財政健全化も進めていく。

 経済に影響を及ぼさないよう対応する。

第1に、引き上げによる税収のうち半分を国民に還元する。

・2019年10月1日から認可

・無認可あわせて幼児教育を無償化する。

第2に、軽減税率を導入し、

飲食料品は8%のまま据え置く。

第3に、引き上げ前後の消費を平準化するための

支援策を講じる。

中小小売業にポイント還元による支援を行う。

第4に自動車や住宅といった、

大型耐久消費財について

2019年10月1日以降の購入に、

メリットが出るよう税制・予算措置を講じる。

2019年度、2020年度予算で

消費税対応で臨時・特別の措置を講じる。

消費税率引き上げによる、

影響を確実に平準化できる規模の

予算を編成するとありました。