日本ハム北海道に甲子園のスターがズラリ!

今日は、仕事の事は忘れて

「プロ野球ドラフト会議」が
昨日10月25日、
都内のホテルで行われ、

日本ハム北海道が,
金足農(秋田)吉田輝星投手(3年)を
外れ1位で単独指名に成功いたしました。

1位の大阪桐蔭・根尾昂内野手(3年)こそ、
4球団の競合の末に交渉権を逃したものの、
今夏の甲子園100回大会のスターの交渉権を獲得。

さらに、花咲徳栄(埼玉)野村佑希内野手、
横浜(神奈川)万波中正外野手、
大阪桐蔭・柿木蓮投手(いずれも3年)も
指名するなど、期待膨らむドラフトとなりました。

吉田は緊張した面持ちで,
会見が始まっても笑うことなく、
慎重に言葉を紡いだ。

==========================
「日本ハム北海道]に入ることが決まってうれしいです!
==========================

(球団のイメージは)ドラフト1位で入った
高校生の先輩が活躍していますし
自分も一緒に活躍したい」。

目指す球速を問われ,
「目標は高く持って、
155キロぐらい出したい」と
最速152キロの男が控えめに宣言。

==========================
目標についても
==========================

「しっかり納得できる直球を投げられるようになって新人王を取りたい」。

吉田選手の最大の武器は浮き上がる直球ですが。
プロでは通用するかどうかはまだまだ先ですが
今からとても楽しみです。

今夏の秋田大会から甲子園準決勝まで10試合連続で完投勝ち。決勝で大阪桐蔭に敗れはしたが、
吉田選手がこの夏1人で投げた1517球は
記憶にも記録にも残る力投だった。

==========================まだストレートが完成していない。
==========================

常時150キロ超えて、球の質も意識したい。

直球1本で魅了できる投手を目指す。

声援を爆発的な力に変えることができるのが吉田選手だ。

「自分だけの力だけで甲子園は勝てなかった。

今まで応援してくれた人に恩返しがしたい」。

甲子園同様、札幌ドームのファンも温かい。

秋田の剛腕が、北の大地に羽ばたく。

日本ハム北海道、清宮選手が、
1位で指名された金足農・吉田選手に
「いい球団に入った」と歓迎したとのこと。

鬼が笑うかもしれませんが、
来年が楽しみです!!