本日は、大事なお金のお話しです!!

家づくりで一番大事な事は・・・?

プランでも無く・・・?

外観でも無く資金計画が大事!

家づくりはじめの一歩、
それは資金計画から始まります。

資金計画の時、
誰もが持つ不安や悩みとは?

ーーーーーーーーーーーーーー
Q.そんなに安くて大丈夫?
ーーーーーーーーーーーーーー

A.お宅の家って
高気密・高断熱しかも断熱性能
(Q値)が0.95以下で
坪単価50万円台でホントに安い。

そんなに安くて大丈夫なの?」
お客さまからよく聞かれる質問です。

当社の住宅が、
安いのではありません

これまでの日本の住宅の価格が、
欧米諸国の価格に比べてあまりにも
高すぎたのです。

わたしたちは、これまでに様々な研究、
分析を繰り返してきました。

その結果、「安くても良い家」を、
坪単価50万円台という価格で
提供できるようになったのです。

大手住宅会社の高気密高断熱住宅の、
坪単価は75万円~90万円台です。

同じ坪数の家を建てようとした場合には、
数百万~1千万円もの差になります。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
ベンツが一台購入できます!(笑)
ーーーーーーーーーーーーーーーー

(注)価格破壊を売り物に坪単価20万円、
などという住宅会社があるのも事実です。

でも中にはオプション工事は別途と、
いう会社もあるので、注意が必要です。

― 資金計画アドバイス 1  ―

本当に必要なのは、安くて良い家。    
Q.結局、全部でいくらかかるの?

A.家を建てる際に必要なお金の総額は、
次の項目を目安にお考えください。

1.建築費(本体価格、付帯価格、設計管理料)

2.消費税

3.諸費用(登記費用、登録免許税、
借入手数料、印紙税、ローン保証料、
団体信用生命保険料、火災保険料、
不動産所得税など)

4.その他(引越し費用、家具
・家電製品の購入費用など)
この中でいちばんわかりにくいのは、

ーーーーーーーーー
3の諸費用ですね。
ーーーーーーーーー

これは建築する家の大きさや、
住宅ローン借入金によっても、
異なるので一概に、
申し上げることはできません。

だいたいの目安として、
150万円程度とお考えください。

家づくりのコストは、
建築費だけでなく、
その他の必要経費についても、
よくお考えのうえ、
余裕を持った資金計画を、
おすすめいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
― ワンポイントアドバイスA ―
ーーーーーーーーーーーーーーーー

建築費以外にかかる費用についても考えよう。

Q.サービスや値引きを要求してもいいの?

A.大変残念なことなのですが、
今まで住宅業界では当たり前のように、
値引きが行われてきました。

お客様にとってはもちろん、
値引きはありがたいものでしょう。
しかし、値引きがあるがために、
あらかじめ200万、300万という、
金額が建築費に上乗せされて、
いたのも事実です。

これは何を意味しているのかと言うと、
何も言わない人からは、
そのままの金額をもらう。

そして値引きを頼まれた人からだけ、
その分の金額をマイナスして
いたということです。

言うまでもないことですが、
このようなことは決して、
あってはならないことです。

わたしたちははじめからウソのない、
正直な適正価格を提供しています。

サービスや値引きは、
本来あってはならないことなのだと、
強く信じています。

長くなりましたので、
明日に続く。