家を売るというセールスはどういうことか?

家を売るというセールスはどういうことか?

・資金計画の立て方(提案の仕方)

・税務

・ライフプランの提案

・セールス話法

このような様々な知識を身に付けて、
セールスマンになるまでには
何年かかるでしょうか?

まだまだ、
身に付ける事はたくさんありますが
その間、
時間とお金は、
会社が支払いをしなければなりません。

お金をかけて育て、
住宅セールスに、
自信がつくと他の会社にうつる

 

方が多いと思います。

それはもっと高収入を得たくて
うつる方が大半だと思います。

トップセールスマンであっても
スランプは必ずあります。

そうなると大体の言い訳は、
皆さんも聞いたことがあると思いますが、

工務店であれば会社が小さいからだとか、

チラシが安っぽい、

カタログがない、

建物の仕様が他の
会社に比べてダサイ、

など自分を正当化する言い訳ばかりで、
しまいには、
会社が悪いで終わります。

住宅セールスにおいて、

 

集客からクロージング、
つまりご契約まで、
担当セールスマンが
対応するのが一般的だと思います。

この1つの流れを3つに分ければ、
専門知識がなくても、

受注棟数を
専門知識がそんなになくても
伸ばすことができると
私は思います。

実際に公共工事

主体の会社さんも、
戸建て住宅が
本業になった会社さんが
ございます!

北海道 柳原工務店様

当社は公共工事が主体で、
年に木造住宅は、
一棟か2棟建築するだけで
ほとんど知識もありませんでした。

坪単価の提示も
大体の感で話しておりました。

30坪だろうが、
40坪だろうが当時はやっていた、

坪単価298,000円が、

どうしたらそのような、
単価でできるのか
不思議でたまりませんでした。

業社さんも応援に来てくれたりも

していただいております。

そんなからくりも
和泉さんに教えていただきました。

当時私たちは、

坪単価にすると600,000円からでしたが、

その坪単価の
表示の仕方も「大体」
をつけてお客様に
説明しておりました。

坪数が
小さくなればなるほど、
坪単価が高くなる事は、

和泉さんと出会い
勉強させていただいて
わかったことです。


恥ずかしながら

お陰様で、
私一人で営業しておりますが、

公共工事の現場管理も
しながらですが
年間10棟受注出来るようになりました。

見学会などは
事務員さんに手伝って
もらってます。

本当にありがとうございました。

集客などお悩み事がございましたら
お聞かせ願えればと思います。
きっとあなたのお役に立てると思います。

外壁に使われているガルバリュームこんなふうに
なったら直すのが大変ですよね・・・?