はぁとふるホームの耐震住宅へのこだわり

私たちの家は、耐震性能+揺れ吸収性能を併せ持っています

(1)地震の揺れを吸収してしまう住宅

昨年まで盛んに免震工法をCMしていた積水ハウスは、今やSHEQUAS(シーカス)、ミサワホームはMGEO(エムジオ)という揺れを吸収する装置を採用しています。
私たちはぁとふるホームは、「揺れに対して建物の堅さで耐えようとする耐震性能」だけではなく、「揺れを吸収することで建物の損傷を抑え、再生活を大きな復旧費の負担なくスタートできる揺れ吸収性能」も耐震性能同様に重視し、日立製作所製の地震波吸収装置を採用しています。

(2)みんな自分は大丈夫と思っています。

近年起こる大地震・・・阪神大震災・新潟県中越地震、そしてこの度の岩手・宮城内陸地震に代表される大型地震の脅威。
「うちの辺りはきっと大丈夫」と、対岸の火事でいいのでしょうか。

地震地図

北海道 道央・石狩 地震確率 
上の地図は北海道 石狩のむこう30年間に震度6弱以上の地震に見舞われる確率マップです。

では、今後30年以内に3%〜6%の発生確率とは、どの程度のものなのでしょう。
ほかの災害・事故に見舞われる確率と比較してみましょう。

人が事故に巻き込まれる可能性

6%の確率は、ガンで亡くなる確率と変わらないことがお解かりいただけると思います。
決して低くは無い確率で札幌市でも地震は起こりうるのです。

もし、道央・石狩の活断層か、プレート境界型地震がM7.4・M7.9で起こった場合の震度は…
人口集積地である、道央圏が大きな揺れに見舞われることが予測されています。

そして、建物に被害を与えるほどの地震は、たった一度の揺れでは済みません。
本震と、繰り返される余震によって建物は傷み、損傷の度合いを深めていきます。

下のグラフは2004年10月に発生した新潟県中越地震の余震を示したものです。
大災害をもたらす地震は、一回だけ大きく揺れるのではなく、建物は何度も繰り返し揺すられるのです。

新潟県中越地震の余震グラフ

私たちはこのようなことから、当然ながら建築基準法で定める耐震基準を上回る耐震構造によって建築した上に、更に、繰り返す揺れを吸収する日立製作所製の地震波吸収装置を建物に組み込みます。

(3)日立製作所製「GHハイブリッド制震装置」

これがダンパーです。

はぁとふるホーム住宅地震に強い制震の家づくり

●日立製作所製のこの装置による地震実験映像をご覧下さい。

● この工法で用いられる制震装置は、自動車・新幹線の振動制御、また、高層ビルの地震対策として導入されて いる信頼性の高い同社製の振動吸収装置 を住宅用に小型化したもので、何度も起こる余震を含めた大きな地震にも強く、 地面の振動を吸収し建物のゆれを軽する事ができます。

車や新幹線・そして飛行機にも

 ●この装置取り付けのコスト

GHハイブリット制震装置

およそ40万円の予算で、揺れを25%吸収する性能を持っています。
最も動作が安定し、納入実績が多く、最も安価な、現在の国内最先端技術です。

(ご連絡は24時間OKです)
〒006-0805 札幌市手稲区新発寒5条5丁目2-3 フリーダイヤル:0120-464-810