Archive for the 'はぁとふるホーム 会社案内' Category

見学会へ行ってきました!

皆さまこんにちは。
情報出版室・お客様サポーターの佐藤です!
日中は暑いくらいの気温になってきましたね、皆さま暑いのは平気でしょうか?
私は20度を超えると茹でタコ状態で、暑いのはめっぽう苦手です…
夏はお祭りや花火、海水浴にピクニック等楽しいことがたくさんあるので
暑いの以外は大好きです!

さて、タイトルについてですが
先週の土曜日に石狩市花川で行われたリノベーション住宅完成見学会へ
お客様(?)として2歳の息子と一緒に行ってきました!
子供は終始広いお家に大興奮の様子、桐の階段が特に気に入ったようで
「ママ、はやくおいで~」と、階段を何往復もしていました。
私の実家にあるつるつるした素材の階段では恐る恐る上り下りしたり、
足を滑らせてしまうこともありましたが、桐の階段ではそんな様子は見られず
親としても安心して見守ることができました。
桐の階段の素晴らしさ・一戸建ての良さを親目線で感じることができ子供と一緒に
見学会に行ってみて良かったな!と感じています。

絵本やぬいぐるみなどがあるキッズスペースもございます!
お子様連れでもゆっくり見学することができますよ♪

今後の見学会の予定としまして、北広島市・手稲区での開催を予定しております。
是非素敵なお家の見学会へお越し下さい☆
当社ショールームにて天然木の床材や桐の階段・屋根裏部屋・天窓など見学体験することが
出来ますので、どうぞ皆様当社ショールームにもお越しください☆
お待ちしております♪

住宅ローンセミナー開催のお知らせ

bbs_header

来る、7月19日に札幌市手稲区で住宅ローンセミナーを開催します。

第1部: 10:10~11:10、15:10~16:10
■演題:「住宅ローンを変えると500万円安くなる」
■概要: ○住宅の買い時は?
○住宅ローンの手数料は安くなる!?
○金利負担を最大限少なくする方法とは?
○誰も教えてくれない住宅ローンの選び方とは?
■講師:淡河 範明 氏(おごう のりあき)
ホームローンドクター㈱ 代表取締役社長

第2部: 11:20~12:50、16:20~17:50 ■住宅ローン個別相談会

住宅ローンコンサルタントが個別相談会を実施!
その場で住宅ローンコンサルタントがご相談にお答えいたします。

《淡河 範明氏・プロフィール》
1965年東京生まれ。日本興業銀行に入行。2000年に退社後、個人資産の運用に興味を持ち、個人記入の総合コンサルティング会社を設立。2006年、住宅ローンコンサルティング事業を分社し、「住宅ローンに悩む人の駆込み寺」的な存在として多くの実績をもつ。
著書:「住宅ローン 1000万円の節約術」ゴマブックス
■ 参加料:2,000円(消費税込)

《備考》
●キッズルームをご用意しております。お子様連れの方は受付でお申し
出ください。
●筆記用具、電卓をご持参ください。
●ご夫婦でのご参加をお勧めします。

詳しくは、住宅ローンセミナー開催のお知らせをご覧ください。

当日、プロのファイナンシャルプランナーがあなたの住宅ローンに関してのご相談を承ります。ふるってご参加ください。

会場でお待ちしております。

No Comments »

はぁとふるホーム スタッフ on 7月 16th 2009 in お知らせ, はぁとふるホーム 会社案内

札幌市内で木造住宅で住まいの建て替えをご検討の方へ

dscn10691こんにちわ。はぁとふるホームの現場監督一年生の寺島です。

今日明日と、石狩花川ぽかぽかⅡの構造見学会ということで、午前中はぽかぽかⅡにて会場設営と掃除をしておりました。

私の仕事といえば、机の上で図面を見ながら材料拾い等をしていることが多いのですが、よく現場のほうにも中田課長に同行させてもらっています。

現場に足を運ぶ度に家は顔を変え、着々と完成へ近づいていきます。ですから私にとっては、いつも新鮮で吸収するべきものが沢山詰まっており、「現場こそ本当の学び舎」と実感しております。

建築を学んで3年目の私が言うのも恐縮ですが、建物は構造が一番重要です。今回の見学会は、家が完成してからは目にする事のできない最重要部分をご覧になることができます。

明日、5日(日曜)も午前11時~午後5時まで見学会を開催いたしておりますので、ぜひ一度、ご足労いただければ幸いです。

木造住宅で新築住宅をお考えの皆様へ、木構造の話(その1)

皆様こんにちは中田です。

何度かここでも「家は構造・断熱・気密が大事ですよ!」と書いてきましたが簡単に説明したいと思います。一度に全部説明するのは限界がありますので今日は構造の話をしたいと思います。

みなさんは家一戸の重量はどれくらいあるかご存じですか?
40坪の総2階建の家でおよそ100tの重量があります。この重量を柱や梁で受け基礎を通して地盤に伝え家を支えています。
それでは地震の時はどういう力加わるのしょう。本来はもっと細かい計算式なのですがなるべくわかりやすく表すと地震力Pは建物重量Wに基準値K=0.2を乗じて求めます。よってP=W×Kという数式になりますね。家の重量が上述のとおり100tだとすると地震力は20tとなります。ということは、建物にかかる地震力は、各々の家の重さで変わってきます。同じ竹に刺した重さの違う団子があります。一枚の板の上に立てて、板を左右に揺すります。大きい団子の串の方が折れやすい(串に働く地震力が強い)というのは、直感できます。同じ震度地域にある家でも、屋根が板金なのか、積雪された状態なのか、壁がモルタルなのか、サイディングなのか等によって、各家に働く地震力は異なるのです。建築基準法では、この建物の荷重の20%を地震力と仮定した時に構造躯体が損傷しないことを耐震性の基準としています。
各家に働く地震力が異なるように、同じ家でも各階に働く地震力は異なります。1・2階にかかる地震力は、各階とも、その階の高さの1/2の位置に働くと考えます。あたりまえですが、1階は2階の荷重も背負います。つまり、1階には、2階の約2倍の地震力が働くのです。「高い階の方が揺れが大きくて、危ないというように思っていませんでしたか?」、しかも1階は、大きい部屋が多く壁が2階に比べ少ないのが一般的です。従って、耐震性の計算では、1・2階の壁バランスを考慮すれば、2階が問題になることは、滅多に有りません。

それではこの地震力に対してどのように対抗して建物か壊れないよう保つのか、建築基準法では壁量計算といって地震力と風圧力(台風など)にきちんと抵抗できるよう床面積や壁面積に応じて必要な壁の長さ(壁量)が定められています。ただ有効と認められる壁量は決まっていて筋かいの入る壁は0.9m以上、面材耐力壁(一面に構造用合板を貼った壁)は0.6m以上となっています。これを満たした壁を耐力壁と呼びこの壁が地震力や風圧力に対抗します。
「耐力壁」の定義は、簡略しますと、「地震力に対して対抗する耐力を有した壁」という意味で耐力壁以外には、計算上地震力を負担させません。また、その強さに応じて、「壁倍率」という数値が設定されています。「壁倍率」は、壁の仕様によって違いますが、0.5倍~5倍までと決められています。例えば、「在来木造の筋違いの入った壁は、壁倍率2倍、」「ツーバイフォーにおける構造用合板の貼られた壁は、壁倍率3倍」と規定されています。

しかしながらただ単純に壁量を満たしていればいいとは限りません。通常、日の当たる南側に窓などの開口部を多く設けますね。ということは全体の壁量を満たしていたとしても南側が開口部が多くそんなに多く耐力壁を入れていないとするとどうでしょうか。6面体の段ボール箱の一面がない状態と同じで、それほど大きな力を加えなくてもつぶれてしまいます。
要するにバランスが大事なのです。四方にバランスよく耐力壁を配置することによってどの方向の力に対しても有効に抵抗してくれます。また、床も外力に対抗する重要な要素の一つです。フロア全体に構造用合板を貼るなどして剛性を高める事ができます。ただ吹抜けは床がないのであまり大きな吹抜けは耐震上いいとは言えません。
下の写真は1階の壁量不足と壁の配置のバランスの悪さが原因で半倒壊しました。阪神大震災時の実例です。
o1これからのご家族の将来を考え、間取りに関してはみなさん大きく夢を膨らませていることと存じます。ただ、もしもの時家族や財産を守ってくれる家をただ日当たりを良くしたい、リビングは広く吹抜けつきの大空間したいなどの理由で地震や台風対して備えのない家にしていませんか?
私が設計する際は常にバランスを考えプランニングしています。バランスよく耐力壁を配置しなるべく上下階の柱・壁・開口部の位置を合わせたり方位を考え開口部を配置します。もちろんお客様のご希望とされているライフスタイルを常に念頭に置くことは言うまでもありません。お客様の希望通りのプランなら資格のない人間でも作れます。構造を考え、時には変更していただくのも有資格者の務めだと思っております。
次回は構造の話(その2)です。接合金物についてご説明します。

No Comments »

はぁとふるホーム スタッフ on 4月 4th 2009 in はぁとふるホーム 会社案内, 家づくりのこだわり

札幌市市内、手稲区の皆様及びご縁をいただ皆様へ今年度は大変お世話になりました。

e794bbe5838f-013本日、今日をもって、平成20年度 が終了します!

この一年皆様はいかがでしたか?新年、新年度の節目、自分に厳しく人にも厳しく好きな言葉です。年のせいか一年が早く感じます。何事にも必死です。 会社は 永久に存続すべきもので、年度というのはその中の一つの節目に過ぎません!株式を上場している会社は,株主さん を意識した大きな節目になるのだと思いますが、小さな会社は、この 決算 というものに振り回される必要はそんなにありませんが、 やはり会社にとっての、大切な節目 である事に変わりはありません!!

会社の 健康面バランスの健全性・安定性・成長性 という点では、金融機関はもちろん、最近ではお客様や、特に新規で取引を始める業者さんなども、会社の財務状況(家庭だと家計簿になります)を、調べて来 られる方も多くなりました! 建材などの 納材業者さん なども、この厳しい状況下で業績を改善するために、営業力で販売を延ばしたいところなのですが、回収不能になる 危険性! から、売りたくても下手に売れないと、頭を痛めているようです!!

そういう意味では、金融機関も同じ状況だと思います! 銀行業界問わず、厳しい状況の中ではありますが、はぁとふるホーム・和泉建設としてはほぼ 予定通り に、平成20年度 を終える事が出来ました!! 厳しい状況は、はぁとふるホーム・和泉建設にとっても同じではありましたが、会社を永久に存続させていくためにも 、ピンチ ではなく チャンス だと捉えて、多くの勉強と、貴重な経験を積む事の出来た、とても 意義のある一年 でした!
私は、縁を大事にしてます。最近家を建てる時お手伝いさせていただいているお客様は3年から5年と出会ってからお付き合いが長い方が多くな りました。ただ、予算的に健康も住まいのこだわりを持たないただの安売りしている会社と比較されてはぁとふるホームは、高いと言ってご縁がいただけないお 客様も今年度はたくさん多かったですが心配ではあります。後々のお客様の事を思うと・・・・・やはりはぁとふるホーム・和泉建設を支えて下さっているの は、たくさんの お客様 であり、大工さん を始めとする多くの 協力業者 の皆様、そして 社員たち です!!それらの人たちから、期待されている事が大前提なのですが、その 期待を絶対に裏切る事なく 、信頼関係 を築き上げて維持していく事が、やはり 企業が永久的に存続 していくためには、絶対に必要な事 だと痛感しました!

全スタッフが、志 と 目的意識 を一つにして、さらにお客様のご期待に応え続けながら、さらに 強い 良い会社 を目指して、明日から始まる 21年度 も、頑張っていきますので宜しくお願い致します!!

とても 充実していて 、大きな成果 を残す事の出来た一年でした!お力添えを頂いたすべての方々に、心からの感謝を申し上げます!!

本当に、ありがとうございました!

No Comments »

はぁとふるホーム スタッフ on 3月 31st 2009 in はぁとふるホーム 会社案内, はぁとふるホームのスタッフ

札幌市内南区で木造で新築住宅を札幌市内に建てるのであれば木造で新築しましょう。

cimg6414木造住宅のプロがアドバイス・・・・・
札幌市内南区で木造で新築住宅を札幌市内に建てるのであれば木造で新築しましょう。札幌市内で木造住宅を新築される方へ木造の新築住宅をご希望の方はぜひ覚えておいていただきたいことがあるのです。

それは、同じ木造住宅といっても、まったく違ったジャンルの建物どうしを比較していることがあるということです。木造といっても、軸組み工法や2×4(ツーバイフォー)を含むプレファブ工法など全く違った性格をもった建物なのです。近頃では、製品や技術の発達が目覚ましく、どちらで新築しても性能的にはなんら遜色ありません。

ここ札幌市でもそうですが、ほとんどの新築住宅メーカーではその分野を専門的に研究し、各社が得意分野を中心とした工事を行っています。

木造軸組み工法の利点

木造の新築棟数の中では軸組み工法(昔ながらの柱を中心とした建て方)が最も多くの割合を占めています。自由な間取りや空間を細かいところまで望むのあればお勧めです。近年ブームになっている高性能なオール電化・高気密住宅の場合大手ハウスメーカーでは対応できないことが多いのも事実です。 プレファブ工法の利点尚、大手の住宅メーカーが工期の短縮や、コスト削減のために近頃はプレファブ工法が盛んです。この場合ほとんどがメーカーの工場などで、住宅の壁ごと新築現場に運び込みそこで組み立てていくケースが多いようです。専門知識を有するデザイナーやコーディネーターが専属でデザインしていますので、洗練されたおしゃれな新築住宅が完成するはずです。このプレファブ工法の場合、構造が各メーカーによって大きく違いますので新築時は何も問題はないのですが、数年後の増改築時に一般の大工さんが大変苦労することが多くなります。一般の木造住宅とは大きく違う点です。

このように工法の違いで、どのポイントを優先して新築するのか十分な検討が必要です。安価な木造住宅の建売の場合、コストを最大限に低減させるために2×4工法を用いることが多いのですが、将来的に考えると些か心配があります。また、木造住宅を買う時、木造住宅を建てる時の価格も大事ですが、住んでから毎日、毎月掛かる光熱費(暖房・給湯費など)も考えた資金計画とアフター・メンテナンスの事も考えれば考えるほどそう思います。

No Comments »

はぁとふるホーム スタッフ on 3月 23rd 2009 in はぁとふるホーム 会社案内, マイホーム, 家づくりのこだわり

㈱はぁとふるホーム 会社案内

社名 株式会社  はぁとふるホーム
住所 本社所在地 札幌市手稲区新発寒5条5丁目2-3
設立 昭和59年07月04日
代表取締役 和泉 信幸.
資本金 1,000万円
業務内容 1.木造注文住宅の設計・施工
2.建築全般の増築・リフォーム
3.自社ブランドの商品開発・販売
4.工務店向けセミナー講師
登録許可 建設業許可 北海道知事許可(般-19)石第19750号
住宅性能保障制度 登録番号10019788
施工会社 有限会社 和泉建設
取引銀行 旭川信用金庫・北洋銀行
営業時間 8:00~17:30
定休日 日曜日 第2土曜日
連絡先 フリーダイヤル 0120-464-810
TEL 011-684-8883
FAX 011-684-2470
Eメール info@hearttfull-home.com
活動 NPO被災住宅応援ネットワーク札幌支部代表
NPO被災住宅応援ネットワークとは?
局地的な大地震、大災害が発生したときに全国の地場工務店がお互いに助け合い、協力し、災害が発生した地域のお客様の緊急的な修繕等の対応能力を向上させる。
という主旨のもと、全国数十社の地場工務店が集まって結成した団体です。
活動内容は
・災害時のお客様対応応援(修繕、建物診断等)
・災害時の不足物資の応援
・各社の情報交換
となっております。

㈱はぁとふるホーム 会社案内 はコメントを受け付けていません。

はぁとふるホーム スタッフ on 3月 12th 2007 in はぁとふるホーム 会社案内