はぁとふるホームは耐震住宅が得意です

はぁとふるホームのつくる住宅は、十分な耐震性能+繰り返す余震に耐える制震性能を持っています。

■地震対策には【耐震】【免震】【制震】の3つの工法があります。

解りにくいのでその仕組みをキャッチボールに例えながら、ご説明します。

免震工法

●耐震工法
現在建築される建物は、建築基準法により、全ての建物に一定の耐震強度を保つよう、耐震構造であることが義務付けられています。
一般的に言われる耐震工法とは、この法律で定められた一定の耐震強度にプラスして、更に建物を固めるというものです。
特徴は、壁を増やしたり、木と木のつなぎ目(接合部といいます)に金物を使用し、建物の固さを高め、地震の揺れに耐えようとするものです。


耐震工法

●免震工法
法律で定められた耐震構造でつくられた建物に、更に免震性能をプラスするものです。
皆さんはつい昨年まで、テレビCMで「免震工法」という言葉に触れていないでしょうか?
免震とは、言わば建物と基礎の間にビー玉をいれ、地震によって基礎が大きく動いても、建物はさほど動かないという仕組みを言います。

 

制震工法

●制震工法
法律で定められた耐震構造でつくられた建物に、更に制震性能をプラスするものです。
皆さんは、「高層ビルが地震に遭ったとき、建物全体が柳の木のように揺れ、地震の揺れを吸収する」という話に触れたことはないでしょうか?
制震とはこのように、建物の中に揺れを吸収する仕組みを入れ、地震の揺れを減少させることを言います。


■効果とコスト面の比較

効果とコスト

■阪神・淡路大震災の経験から、建物に被害を及ぼすような大地震は一回きりの揺れではなく、余震によって何回も揺すられる事を考えると、固さでひたすら耐える耐震工法一辺倒で、繰り返す地震に耐えられるとは限りません。

お客さまのご予算に合わせた『制震効果』をご提供できます。

ご予算はこのようになっています。約40万円程度

新築だけでなく、リフォームにも対応。
およそ40万円の予算で、地震の揺れを25%吸収いたします。

地震に強い”超省エネ 健康エコ住宅歩家歩家”はこちらで詳しくご覧になれます

(ご連絡は24時間OKです)
〒006-0805 札幌市手稲区新発寒5条5丁目2-3 フリーダイヤル:0120-464-810