Archive for 7月, 2010

男子ゴルフの石川遼くんが小樽に来ているので明日の天気が気になります!

きのうまでの天気とは打って変わって、今日は久しぶりの青空です

暑さも一緒に戻ってきたのは、暑さが苦手な私としては余計ではあるのですがۤ

各職人さんたちも久しぶりに青空の下で、作業に打ち込んでくれている事と思います!!ޥ

今日はお日様が久しぶりに顔を出してくれたので、海が大好きな私にとっては・・・

なんとか今週は雨が降らずに、静かな多摩川の流れを見ながら、

先日もお客様からバーベキューのお誘いがあったのですが仕事が詰まってましたので

行けなかったのですが改めて楽しく、バーベキューが出来る事を願っています

先日の地鎮祭の時は雨が降り、大人になってから、テルテル坊主などぶら下げた事はないのですが、

正直お話しすると本当は子供の頃に戻った気分で、久しぶりにぶら下げてみようかなと思っていました。ää

天気には逆らえないのですが、日頃の行ないの良さからも!?ס

来週は大工さんが建て方作業が始まりますのでsun

なんとか天気を味方に付けて、ぜひ今日のような青空を呼び込みたいと思いますޥ

No Comments »

和泉信幸 on 7月 31st 2010 in イベント

お客様の笑顔と生の声が家づくりの仕事をしていて一番元気付けられます!

今日、今工事中の長期優良住宅対応住宅のお客様と工事現場でsun

お会いいたしましたsign03

工事の進行状況はhouse大工さんの作業で仕上げの段階です。pencil

2週間前とはガラリと変わりご主人様はじめ奥様も感動しておりました。good

奥様の一言、完成する前にこんなに、興奮して完成したらどうなるんだろうsign02

じゃ、このまま大工さんが終わった状態でお引渡しでも良いですかsign02

完成したところを早く見たいとすかさずお返事が返ってきましたが。event

要約実感が沸いてきている様子でした。up

見学会でお借りするのですが、奥様が見学会に毎回参加してくださるとの事ですのでheart01

これから家づくりをお考えのお客様へアドバイスしてくれるそうですのでnew

お楽しみにしてくださいflair

No Comments »

和泉信幸 on 7月 30th 2010 in , 未分類

「家づくり」 という、大きな枠組みの中で考えた時に・・・?

続きです。

一つ一つのセレモニー自体にも、それぞれに大切な意味があるのですが、

「家づくりという、大きな枠組みの中で考えた時に、

お客様の人生の中に、楽しい思い出として心に刻んでいただけて、

家が完成して、その家で新しい生活をしていく、

そこから何十年という、これからの永い人生にとって、

良い方向に、大きな影響を与えさせていただける様な、

そんな 「家づくり」 を、この 「地鎮祭」 の行われる今日から、

大工さんを始め、たくさんの協力業者さんたちのご協力を頂きながら、

心を込めてheart04、進めていきたいと思っています!!

お客様ご家族、そして私たちはぁとふるホーム、スタッフにとっても心に残るような、

またひとつの、k様邸の「家づくりの物語」 が、生まれる事を願っています ޥ餭

No Comments »

和泉信幸 on 7月 29th 2010 in イベント, 和泉の思い

今日は晴れることを願っておりましたが雨の中、地鎮祭を行いました。

今日は朝から、小樽市朝里町k様邸 の 「地鎮祭」 が行われます

昨日から雨が心配で朝4:30くらいに起きた時は降ってなかったのでcloud

良かったと思っていましたが5:00くらいから降りだしてきました。rain

今日は晴れることを願っておりましたが雨の中、rain

地鎮祭を行いました。happy01

これから、約4ヶ月に亘って行われる新築工事が無事故で進み、

お客様の思いに応えながら、満足感いっぱいの状態で、

「感動のお引渡し餭 を迎えていただけるように、祈願をいたします!!

一つ一つのセレモニー自体にも、それぞれに大切な意味があるのですが、

「家づくり という、大きな枠組みの中で考えた時に、

お客様の人生の中に、楽しい思い出

No Comments »

和泉信幸 on 7月 29th 2010 in

一つの事を継続するのが苦手な私としては、これは快挙なのかもしれません!

毎日のブログ更新がほぼ日課となりました!!ܤ

一つの事を継続するのが苦手な私としては、これは快挙なのかもしれません!?

数年前の1月かけて、10Kgのダイエットに成功した時も、

( 今はほぼ元通りに、戻ってしまいましたが!㤭Ф

やはり、30日間の努力を継続した結果でした

お百度参りではないですが、本当に何かを達成するためには、

せめて100日は継続努力をしないと、出来ないのかもしれませんね!?

このブログはまだまだ続けていきますので、応援をよろしくお願い致します

最近お客様から、「 ブログ、毎日見てますよと言っていただく事が多くなりました。

この一言が、私にとっては良いプレッシャーとなり、

「 頑張ろう!! という、パワーになっている事は間違いありません

よくペットを飼っていらっしゃる方が、旅行になかなか行けないと言われますが、ǭ

現在私は、出張するときも、滞在先にインターネット環境が整っているのかを、

とても気にするようになりました

どうにもならない場合には、どうかご容赦を頂きたいですが、

そうでない限りは、頑張って更新し続けていきたいと思います!!

いろいろな人からのアドバイスも、良くいただきます。

あまり続けて長い文章を書くよりも、小まめに改行した方が読みやすいよとか

絵文字を入れたほうが、読みやすいよとかޥӤä㤭Ф

頑張って絵文字を入れていたら、絵文字だらけで気持ち悪いとか!!å

私もブログを読み返してみて、過去の汚点ではあるのですが、

大手ハウスメーカー下請け時代の、実話やウラ話などを

もっと取り上げてみてもいいのかな!? とか思っています

こんな事をテーマにしてほしいとか、もっとこうした方がいいとか、

アドバイスも、ぜひコメントに頂けたらありがたいです。ޥ

これからも頑張りますので、今後ともよろしくお願い致します!!ޥ

No Comments »

和泉信幸 on 7月 28th 2010 in 未分類

札幌市内近郊で新築にするかリフォームをお考えの皆様へ!

こんにちは、和泉です。

国の補助金でわが家を「高性能の省エネ住宅」にリフォームしませんか?

今回は、はぁとふるホームからの限定1棟フルリフォームのご案内です。

■北海道R住宅システム・プロジェクト
北海道R住宅先導的モデル事業では、消費者が安心してリフォームできる、
いいものをつくってきちんと手入れして長く大切に使うという良質な

既存住宅を取引していくための仕組みづくりを目的とする事業です。

①住宅の検査、改修内容の助言

②リフォームの実施

・耐久性(気密、防湿処理)

・耐震性(新耐震設計基準と同等以上)

・省エネルギー性(熱損失係数Q値:1.6W/㎡K以下)

・既存設備の点検、交換、更新

・住宅の安心性(火災報知機の設置義務)

③改修履歴の記録と保管

④改修後の住宅性能レベルの表示

木造戸建て住宅を定められた基準で安心、快適、安全な省エネ住宅にリフォームすると
改修工事費の1/3以内、上限200万円で国の補助金が受けられます!!

また住宅ローンの優遇では北洋銀行と北海道R住宅が連携し提供する、
「築年数にかかわらず、借入期間が新築同様の最長35年のローン」が使えます!
現在お住まいの住宅や中古の住宅を購入して、新築同様のリフォームを
お考えの方にはオススメ!の事業です。
※詳細は北海道R住宅システム・プロジェクトのサイト
<はぁとふるホームは北海道R住宅事業者ネットワークの会員です。>

No Comments »

和泉信幸 on 7月 27th 2010 in 太陽光発電, 未分類

今日は、「土用の丑(うし)の日」です。

今日は、「土用の丑(うし)の日」です。

例年であれば、「 じゃー、ウナギでも食べようか 」 となる所ですが、

今年は少し、様子が違います!?

今日のニュースで、国産ウナギが1尾 約1,500円、

そして中国産ウナギは、500円だと言っていました。Ӥä

その差、3倍です!!

国産のウナギと、中国産のウナギが並んで売っていたら、

私は、それを見分ける自信はありません。狼

本当にそこまで、中国産のウナギが危険なのかどうかも分かりませんが、

この状況の中で、ウナギに関わる商売をしている人たちの考え方が、

真っ二つに別れているだろう事は、想像できます

お客様が安全性を求めて、本物の国産ウナギを求めているのであれば、

そのお客様の要望に、誠実に応えようとする業者と、֥ϡ

どうせ見分けなど付かないのだからと、この3倍の利益を求めて、

中国産を国産として、何とか売ってしまおうと考える業者です

そもそもここまで、ウナギの安全性に国民が気を使わなければならなくなったのは、

お客様の目を欺き、不正な利益を求める一部の業者がいたからなのです

私たち 「 住宅業界 」 にも、似たような面がたくさんあります狼

ごく一部の業者の不正であっても、

お客様からの不信感は、業界全体に向けられます。५

「 俺達は、そんな事はしていない!! と、いくら言ってみても、

問題は何も、解決しないのだと思います

はぁとふるホームは、住宅業界全体に対するお客様の不信感に対して、

しっかりと自らを反省をして、どうすれば信頼して頂けるのかを全スタッフで考えて、

とにかく誠実に、お客様の立場に立った仕事をしていきたいと思いますޥ

と言う事で、ウナギでも食べに行きましょうか

No Comments »

和泉信幸 on 7月 26th 2010 in 環境問題

子供が小さい頃から、私たち家族とご近所友人達と約12年間

子供たちも夏休みに入り雨続きでじめじめしておりましたが

今日は朝からいい天気でご家族で海や山へとキャンプに出かけられているご家族も多いと思います。

子供が小さい頃から、私たち家族とご近所友人達と約12年間キャンプに毎年行ってました。

子供たちが高校生になってから部活などでいけなくなり止めましたが、

夏、時期が来るといつも当事のお話で盛り上がります。

風が強くて食材が砂だらけになったり、朝起きたらテントのところまで波が着ていたり、

次の日の朝は子供たちもお手伝いしてカレーをつくったり、

改めて本当に子供と過ごす時間は短いなと思いますね!

今、子供たち同士で仲良くお付き合いをしているようですが親ばかかも知れませんが安心しております。

短い夏ですが「せっかくの夏休みなので」、旅行やレジャーなど思い出を沢山つくってください。

No Comments »

和泉信幸 on 7月 25th 2010 in 和泉の思い

家づくりの仕事は、様々なご縁から お客様との出会いを頂いて・・・

私たちの仕事は、様々なご縁から お客様との出会いを頂いてbleah

はぁとふるホームという会社や、会社の考え方などを お客様にお伝えしながらgood

私たちも お客様のご要望こだわりを理解して、具体的なご提案をさせて頂きflair

たくさんのお打合せを お客様と共に重ねながら詳細の内容を決定して

それを 数多くの職人さんたちの手によって最終的に形にしていきます

形になった建物 をお渡しするのが「お引渡し式」 ではあるのですが、

はぁとふるホームがお引渡ししたいのは建物だけではありません!!

完成に至るまでの 家づくりの楽しい思い出や、お客様の 建物に対する愛着心

はぁとふるホームという会社やスタッフに対しての 安心感信頼感、そして 満足感 Хϡ

それらを 建物と一緒に 「お引渡し」するために、これまで 努力をしてきた訳ですし

そこに到達出来なければ物として どんなに良い建物が出来ていたとしても

私たちのやってきた仕事に、「意味は無い」 のだと思っています!!

地鎮祭から始まり、上棟式、お引渡し式ほとんどのお客様は始めての方が多いです。

私達はいつものように感じていても・・・

目的地に到達できたのか!?目的は果たせたのか!? を確認させて頂くのが、

はぁとふるホームの「お引渡し式」 だと思っていますし、だからこそ 大切にしています

どんなに短くとも、9ヶ月以上 はお付き合いさせて頂いた上での 「お引渡し式」 !!

この 「お引渡し式」 のタイミングで、お客様に ご満足頂き 喜んで頂くためには

はぁとふるホーム社員 はもちろんの事大工さん職人さんたちにまで

はぁとふるホームの考え方が 浸透していない限りは難しいのが現実 だと思います

特に何をした訳ではない私がその すべての「お引渡し式」 に参加させて頂いて

喜んで下さっているお客様のご様子 を確認させて頂けるのは

それを実現してくれたすべての スタッフ皆さん のおかげなのです!! ޥ

No Comments »

和泉信幸 on 7月 24th 2010 in 未分類

はぁとふるホーム(和泉建設)は長年、大手ハウスメーカーの下請け工務店でした!

はぁとふるホーム(和泉建設)として直接契約を結ばせて頂いた、元請けとしての注文住宅1棟目は、

札幌市南区のT様邸でした!!

当時、はぁとふるホーム(和泉建設)はまだ下請けの工務店だったのですが、

ある知人からのご紹介で、はぁとふるホーム(和泉建設)で家を建てて頂く事になったのです餭

当時のはぁとふるホーム(和泉建設)には、営業も設計もいなかったので、

初めてのお打合せから現場管理までを、私が直接担当させて頂きました。ޥ

とは言っても、着工前の流れについて当時は何も分からなかったので、狼

ハウスメーカーの、営業マンだった友達に教えてもらいながら、

なんとか無事に、お引渡しまでたどり着く事が出来ました

100%下請けの工務店だったはぁとふるホーム(和泉建設)が、

元請けとして直接お客様と 「 家づくり 」 をしたい、と思うようになったのは、

このT様の 「 家づくり 」 をさせて頂いた経験が、とても大きかったのです!!

T様邸は建坪45坪の二世帯住宅で、解体から始まり高台に前の住まいがありӤä

それも敷地の奥のほうにありましたから大型の重機は入ることが出来ずdownwardright

初めての元請け物件としては、かなり荷が重かったのですが、

こんなに遣り甲斐があり楽しい 「 家づくり 」 をさせて頂いたのは、

私にとっては、初めての経験でした!!

Tさまの 「 家づくり 」 には、とても大きなきっかけと目的があったのです

お父様の残りの人生を、同じ家で一緒に過ごしたいというのが、

T様の 「 家づくり 」 のきっかけであり大きな目的だったのです!!

ハウスメーカー時代にも、同じ様なお客様はいらっしゃったのかもしれませんが!?

当時はそんな事は意識すらせず、ただ数をさばくように家を建てていました

T様のお宅で、お客様の人生に係わる「 家づくり 」を始めて経験する事が出来たのです!!

誰に喜んで頂けば良いのかが、これほど明確な 「 家づくり 」 も初めての経験でした。

「 家づくり 」 に至る経緯と思いを、私に打ち明けてくださり、

私の目の前にいる、このT様に喜んで頂くために家を建てれば良いのです

長年の下請け仕事の中で、「本当のお客様は誰なのか、誰のための家づくりなのか」という、

こんな当たり前の事すら、当時は分からなくなっていたのです!!

T様には、お引渡しをさせて頂いてから約2年間ほど、

「本当の家づくりって、こういう事なんだな

こういう仕事ばかりを、していきたいなと、本当に思いました!!

そしてT様のお引渡しから2年後に、下請けの仕事一切をやめて、

現在の 「 はぁとふるホームの家 」 としての、取り組みを始めたのですNEW

この思い出深いT様邸が、はぁとふるホームの注文住宅の1棟目です

これからも、この初心を忘れることなく、

お客様の思いに応えられる 「 家づくり 」 を、

1棟1棟真心を込めて、お手伝いを続けていきたいと思います!! ޥ

No Comments »

和泉信幸 on 7月 23rd 2010 in 和泉の思い, 未分類