Archive for 7月, 2012

札幌・北海道の夏満喫してますか?

7月も最終日を向かえ、暑い日 が続いています sign03sun

 

現場で仕事をしている職人さんたちは、毎日 この厳しい環境の中でも、

暑さによる辛さは当然あるでしょうが、お客様に喜んで頂くために 日々頑張っていますsign01

 

おかげさまで 工事の着工が続いていて、この暑い季節も 現場は大忙しですが、

なにしろこの暑さですので、職人さんたちには 体調管理をしっかりしてもらって、

まずは 安全を第一に、丁寧な仕事 を積み上げていって欲しいと思っていますsign03

 

sun日陰のない中で仕事をする、基礎屋さんや屋根屋さん そして建て方中の大工さんなど、

特に高所での作業では熱中症にも注意をして、事故のない事を願っていますsign01

 

皆様にとっても 厳しい季節だと思いますが、体調管理には十分に注意をして、
エアコンなどで、体調を崩さないように気をつけてくださいねsign01

ここ数年 全国的に異常な暑さが続いていますが、頑張って 乗り切って頂きたいと思いますsign01 happy01

 

さあ 明日からは、8月 に突入します sign01sunsun

 

暑さも増すとは思いますが、夏だからこその想い出を たくさん作って下さいね sign01sunhappy01

 

札幌・北海道の夏満喫してますか? はコメントを受け付けていません。

和泉信幸 on 7月 31st 2012 in 未分類

札幌市内、オール電化木造住宅で光熱費がゼロ円住宅があります・・・?

住宅は一生で一番高い買い物と言われて久しくなります。
それは、人生でかけがえのない大切なものであり、家族の次に来る重要な事だと思います!

もし、大切な住宅づくりが失敗に終わったら、人生設計が危うくなってしまいますし
家を建てる家族の様々な夢や希望がギッシリ詰まった宝物でもあります!

私たちは家族の一番大切な宝物の建設にたずさえる喜びと同時に責任の重さを自覚し、

お客様のために全力で働くことを約束します。

地球温暖化防止対策での省エネ、景気低迷などで仕事量の減少など私たちを取巻く建設業界は

大変厳しい環境にあります。

しかし形勢にただ流されるだけではプロフェッショナルと言えません。

私たちは健康的で快適であり耐久性が非常に高い真の省エネ住宅を提案してまいります。

はぁとふるホームの家「歩家歩家モダン・ナチュラル」住宅のウェルエコシステムとは

深夜電力を利用した電気温水器1台で、セントラル温水パネル輻射暖房とセントラル給湯の2つの省エネシステムを実現。

低温水パネル輻射暖房

お風呂のお湯程度の温水で温める低温水パネル輻射暖房です。

不快な乾燥した温風が全くない、快適・健康暖房です。

温水コントロールが思いのまま

今までのオール電化住宅暖房で難しかった季節の変わり目などの温度コントロールが自由自在になり、お住まいの方の体感に合わせた快適環境が可能です。

安全性

熱交換器等の給湯部材は日本水道協会品質保証センターの認証品で構成されています。

また、給湯配管部学合成材には環境ホルモンなどの汚染の心配される樹脂部材を使用してませんので安心です。

2階水圧の心配が不要

150kPaの高圧給湯だから2階のシャワーもいたって快適。

数か所のセントラル給湯でも水圧の心配はありません。

飲用が可能に

高効率の熱交換機による水道直結瞬間湯沸かし方式ですので、暖めた水道水をそのまま飲用できます。

驚異的なコストパフォーマンスを実現。

深夜電力5時間通電を利用した温水蓄熱器ですので割引の特典などがあり、ランニングコストが驚くほど安くなりました。

色々な暖房システムがございますが、ソーラーパネルを使わないでのランニングコストは一番低いと思います!

7月28日札幌市手稲区稲穂で完成見学会が御座いますので是非本当か私たちを試しに来てください!

札幌市内、オール電化木造住宅で光熱費がゼロ円住宅があります・・・? はコメントを受け付けていません。

和泉信幸 on 7月 24th 2012 in お知らせ, イベント, ソーラーハウス

札幌市内で会社としての方向性や、仕事の目的意識などを どの様に方向付けて・・・?

はぁとふるホーム・和泉建設、という会社の経営をさせて頂いていて、様々な課題を感じながら、

会社としての方向性や、仕事の目的意識などを どの様に方向付けて、

どの様に より社内統一していくか の重要性を、日々感じていますsign03 

 

そんな中、今日届いたあるメルマガに書かれていた一言に、

なるほどsign01flair と思う言葉があったので、紹介したいと思いますsign03 happy01 

 

『 合う、合わない、合わせる、合わせない。

そんなこと考えてる時点で、もうなんか違う。 』

 

どうですかsign02

トップに限らず、何かしらの組織を預かり 導いていく役割にいる人には、

とてもシンプルではあるのですが、チョッと考えさせられる言葉ではないかと感じますsign01

私もはぁとふるホーム・和泉建設を、もっともっと 良い会社 にしていきたいと思いますsign03 rockshine

 

札幌市内で会社としての方向性や、仕事の目的意識などを どの様に方向付けて・・・? はコメントを受け付けていません。

和泉信幸 on 7月 20th 2012 in 和泉の思い

札幌市内近郊、江別、大麻地区で地鎮祭を行いましたが・・・?

本日は 江別市大麻地区 I様邸 の、「地鎮祭」 を行なわせて頂きました!!

 

今日は朝早くから雨が降っていて、時間的にはお昼開催などで晴れると思って

おりましたが暑くもなく、工事のスタートである 「地鎮祭」 となりましたsign01

 

季節的には 夏ですが、お子様も参加されていたので、

暑い中での立ちっぱなしでは、大変だな~と心配しておりましたが

無事に終えることが出来ましたsign03

 

来週から 実際の家づくりがスタートして、「お引渡し」 を迎える頃にはtyphoon

季節の移り変わりを感じながら、お引渡しの日を 事故なく無事に、

I様 ご家族の 最高の笑顔 と共に、迎えたいと思っていますsign01happy01heart04

 

とは言っても ここから先は、大工さんを始めとする 職人さんたちを信じて、

担当スタッフと共に、お客さまの身になった仕事 を進めていきたいと思いますsign03

 

I様、本日は本当に ありがとうございました。

これからも引き続き、よろしくお願いを致しますsign01

 

札幌市内近郊、江別、大麻地区で地鎮祭を行いましたが・・・? はコメントを受け付けていません。

和泉信幸 on 7月 9th 2012 in イベント

札幌市内近郊エリアではぁとふるホームは 「注文住宅専門」の工務店 ですが・・・

2012年も 半分が終わり、昨日から後半の 7月 に入りましたsign03

はぁとふるホームは house「注文住宅専門」の工務店 ですが、ではhouse 「注文住宅」 とは何でしょうかsign02

間取りや設備や建材などを 自由に「注文」出来るのが、house「注文住宅」なのでしょうかsign02

「注文住宅」houseの反対語が、単純に「建売り住宅」だとは思いませんが、

「家という物」に生活スタイルを合わせていく必要のある、「建売り住宅」の場合には、

万人受けする間取りであったり、最大公約数的な「家づくり」 にならざるを得ませんsign03

しかし、ご家族ごとの生活スタイルに建物を合わせていく、house「注文住宅」の場合には、

間取りや設備の違いだけではなく、つくり上げていくプロセスに大きな違いがありますsign01

特に「二世帯住宅」となると、お住まいになられるご家族数も増える訳ですし、

必ず、その中にお1人は、「血縁関係にない方」が含まれてきますので、

二世帯用の「建売り住宅」という物は、現実に存在をしていない筈なのですsign03

はぁとふるホームの施工実績の中には、「二世帯住宅」が多いのですが、

これには会社の考え方も含めて、理由があると思っていますし、

「二世帯住宅」は 建売りでは不可能な、「究極の注文住宅」だと思うのですsign03

これは 一世帯の住宅であっても、同じ事なのですが、

ご家族ごとの、家族構成や、「家づくり」に臨まれたきっかけや実現したい事、

こだわり所やその優先順位も、皆さん違うのが現実なのですから、

1軒々々それらをしっかりと取り込んだ、house「一分の一 の家づくり」を実現して、

お客様が「家づくり」に臨まれた、お客様ごとの目的 を実現する事が、

私たちが 「家づくり」に携わらせて頂いた、本来の意味だと考えているのですsign03

「家づくりのプロセス」をお客様に楽しんで頂いて、愛着心のあるお住まいにして頂く事、

それがhouse 「注文住宅」の醍醐味 だと思いますし、「建売り住宅」にはないものなのですsign03

 ぜひ、そんなお手伝いをさせて頂きたいと思っていますsign03

札幌市内近郊エリアではぁとふるホームは 「注文住宅専門」の工務店 ですが・・・ はコメントを受け付けていません。

和泉信幸 on 7月 2nd 2012 in

札幌市内の焼肉店もレバ刺しが食べれなくなりましたね!!

2012年も 半分が終わり、今日から後半の 7月 に入りましたsign03

 そんな7月1日、今日から本格的に 「牛レバーの生食」 が禁止されてしまいました sign02

 あまりにも無管理な 焼肉チェーン店での、食中毒事故をきっかけに、

ユッケは理解できたとしても、「レバ刺し」 がなくなるという事は、

焼肉屋さんにとっても、私も含む 多くのレバ刺しファン にとっては、

とても残念な事であり、納得の出来ない部分でもありますsign02

 私の経験でも、ある焼肉屋さんで 「レバ刺し」 を頼んだところ、

出てきたレバーの色艶が、「これ生で食べたらやばいやろ」 みたいな事があって、

仕方なく焼いて食べていたら、「焼いちゃダメだよ」 と店主に怒られた事もあったので、

何でもOK という事では当然ありませんが、キチンと管理された新鮮な物であれば、

自己責任として一筆書いても良いので、出して欲しいな などと思ってしまいますsign01

 住宅業界においても、一部の心無い会社や 個人に端を発した問題が、

業界全体の法律改正につながってしまい、心ある業者さんにとってみれば、

改正ではなく 改悪 になってしまってはいないか、という事も多々ありますsign03

 すすきのの焼肉店 「○○○○」さんのレバ刺しは、

超絶品 だったので、行った時には 必ず食べていましたが、

もう食べられないのかと思うと、とても残念でなりませんsign03

札幌市内の焼肉店もレバ刺しが食べれなくなりましたね!! はコメントを受け付けていません。

和泉信幸 on 7月 1st 2012 in お客様の安全